ニキビケアの常識

ニキビケアの常識をお伝えします!

大人ニキビ

 

ニキビケアの常識はご存知でしょうか?
ニキビなんて、放っておけば治るでしょ、と思っているあなた・・・・それは間違いです。

 

ニキビは放置しているだけでは治りません。適切なケアをすることが必要です。ではそのニキビケアの常識をご存知でしょうか。

ニキビケアの常識4項目

 

1.ニキビに食べ過ぎは禁物!

 

ニキビケアにとって、食べ過ぎは禁物です。
生理の時にイライラして、ついつい食べ過ぎてしまう人もいるようですね。もちろん、食べてストレスを解消するのも大事です。ですが、何事にも限度というものがあります。食べ過ぎて栄養バランスが崩れたり、油ものや糖分を摂取し過ぎるとニキビの原因となります。

 

もちろん、生理の時以外も食べ過ぎには注意しなければなりません。ポテトチップスやケーキなど、油分や糖分を多く含んでいるお菓子などの摂取も気をつけるべきです。

 

2.生理周期と肌の関係を把握する

 

生理周期によって肌の状態は変わってきます。生理前は肌の皮脂が増える状態です。なので、石鹸でさっぱりと洗顔し、油分の少ない美容液でケアすることが大切。それ以外にも、肌が少し敏感になるのでマッサージや美顔器といった負担のおおいケアは避けたほうが無難です。

 

生理の後は肌が安定する時期なので、ピーリングやビタミンC導入などの化粧水を使うのが効果的です。にきびができやすいのは主に生理前なので、自分の生理周期を把握して、いつニキビができやすいのかをきちんと把握しておくことが大切になります

 

3.少ない時間でもいいので運動する

 

現代人に圧倒的に足りないのが運動です。
私たちは普段何気なく生活している中で、運動をあまり意識していません。ですが、運動不足になると新陳代謝が低下して汗が出にくくなり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。毛穴が詰まるということは、当然アクネ菌が繁殖しやすくなりますから、ニキビも多く出てきてしまいます。

 

もちろん、仕事に家事に忙しいことでしょう。ですが、スキマ時間でやる運動でも構いません。できるだけ体を動かして新陳代謝をアップした方が肌にとっても体にとっても大事なのです。

 

4.質の良い睡眠をとる

 

きちんと睡眠をとっていますか?睡眠時間は最低6時間取るのがスキンケアにとって重要とよく言われています。なぜ睡眠が大事かというと、肌のターンオーバーは主に私たちが眠っている間に行われているからなのです。私たちが日中活動している間は、脳でエネルギーを多く消費しています。しかし、睡眠中は脳の活動が低下して、体の各部位に血液を流します。この時に酸素と栄養を組織に送り込むことで組織の再生・修復が行われているのです。

 

ですから、質の良い睡眠をしっかり取ることはとても大事なのです。

 

これらを守って健やかな肌に変えていく

 

さて、これらの常識をしっかりと理解したうえで、ニキビケア化粧品でニキビケアを行えば、ニキビなんてもう怖くありません!